アートライブラリーからのおしらせ

アートライブラリーの新着資料一覧は、こちらからご覧いただけます。

閉架資料の閲覧請求 および代行複写の時間変更について(アートライブラリー別館閲覧室)

2018年1月よりアートライブラリー別館閲覧室では、閉架資料の閲覧請求および代行複写サービスの時間を下記のとおり変更します。

■閉架資料の閲覧請求 
   11:00-13:00 14:00-17:00
■代行複写サービス
   11:00-13:00 14:00-17:15 (予約閲覧資料は14:00-16:30)

13:00-14:00の間、閉架資料の閲覧請求および代行複写サービスを停止します。
ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどお願いします。

「こいのぼりなう!展」関連資料を展示しました。

国立新美術館アートライブラリーの企画展関連資料コーナーでは、開催中の展覧会に関する当館所蔵資料をご紹介しています。展覧会の企画担当者が選んだおすすめ本ですので、ぜひ手にとってみてください。

今回展示されている資料の一覧は、こちらからご覧いただけます。

「話のたね」コーナーを展示替えしました。

国立新美術館アートライブラリーの「話のたね」コーナーでは、毎回1つテーマを設けて、当館所蔵資料をご紹介しています。
第38回「話のたね」コーナーのテーマは「手塚治虫:生誕90周年」です。
2018年は、「マンガの神様」と呼ばれたマンガ家・手塚治虫の生誕90周年にあたります。
手塚治虫が日本のみならず世界のマンガ、アニメーションに与えた影響の大きさは計り知れません。
今回の「話のたね」では、手塚治虫の作品の魅力に迫った過去の展覧会カタログのほか、自伝や評伝、手塚が後世のマンガやアニメーションに与えた影響について論じた図書などを集めました。

今回展示されている資料の一覧は、こちらからご覧いただけます。

「資料展示」コーナーを展示替えしました。

「アートライブラリー資料展示」は、別館閲覧室にある資料を特定主題に沿ってご紹介するコーナーです。
この度の展示は、1年間の研修成果の発表として、美術資料室のインターン生が手がけました。
今回は2018(平成30)年に生誕90年を迎えるオーストリアの芸術家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーに焦点を当てました。フンデルトヴァッサーは、生命力に溢れる鮮烈な色彩と、生と死を象徴する渦巻模様といった曲線表現、そしてそれらをそのまま現実世界に持ってきたかのような建造物で知られています。本展示では所蔵資料を通じて、彼と彼に影響を与えた芸術家について考えてみました。

【展示テーマ】
フンデルトヴァッサー生誕90年

【展示資料】
・Hundertwasser, Friedensreich, Regentag, Glarus, 1976年
・フンデルトヴァッサー、東京画廊、1961年
・みづゑ 722号 1965年4月 特集:世界の自然と造形・ガウディの建築/ヤコブ・アガム/謎の銅版画家 セイガース、日本美術出版、1965年
・Wien um 1900: Ausstellung veranstaltet von Kulturamt der Stadt Wien, 5. Juni bis 30. August 1964, Wien, 1964年

針生一郎氏旧蔵資料を公開しました

当館では、戦後日本を代表する美術批評家である故・針生一郎氏(1925~2010)の旧蔵資料のご寄贈を受け、2012年から整理を進めてきました。
このたび、和書の整理が完了いたしましたので、別館閲覧室にて公開いたします。
文芸批評家としても活躍し、生涯を通じて社会的な視点を保ち続けた針生氏の旧蔵資料だけに、美術史の枠組みにとどまらない資料も含まれています。
ぜひ、別館閲覧室で手にとってご覧下さい。

予約閲覧メール申込受付開始のお知らせ

メールでの予約閲覧のお申し込みをしていただけるようになりました。

データベースのご利用開始のお知らせ

アートライブラリー別館閲覧室にて、新たに以下の新聞記事・雑誌記事・論文のデータベースサービスがご利用いただけるようになりました。

・CiNii Articles
・ざっさくプラス
・聞蔵IIビジュアル
・ヨミダス歴史館

詳細はアートライブラリーのページのデータベースの項目をご覧ください。