六本木アートナイト2018
国立新美術館での開催プログラム

2018年5月26日(土)~5月27日(日)
全てのプログラム情報はこちらをご覧ください RAN2018ウェブサイト:

国立新美術館 プログラム

※5月26日(土)は22:00まで開館(最終入場21:30)、5月27日(日)は18:00まで開館(最終入場17:30)

■こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション

テキスタイルデザイナー、須藤玲子による色とりどりのこいのぼり約300匹が泳ぎます。
フランスの空間デザイナー、アドリアン・ガルデールと、ライゾマティクスの齋藤精一とのコラボレーションで実現した大規模なインスタレーション。

日時 4/11(水)~5/28(月) 10:00〜18:00(最終入場は17:30)
※毎週金・土曜日は20:00まで開館延長
※「六本木アートナイト 2018」開催に伴い、5/26(土)は22:00まで開館
※毎週火曜日
場所 国立新美術館 企画展示室2E
観覧料 無料
参加アーティスト 須藤 玲子、アドリアン・ガルデール、齋藤 精一
URL http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/koinoborinow2018/
※写真撮影可
須藤玲子+アドリアン・ガルデール 《こいのぼり》
2014年
フランス国立ギメ東洋美術館展示風景

■Softpad「『こいのぼりなう!』展関連スペシャル・プログラム」

日本を代表するテキスタイル・デザイナーの須藤玲子が、フランス人展示デザイナーのアドリアン・ガルデールと協働して作り上げた大規模インスタレーション。そのダイナミックな展示には、ライゾマティクスの齋藤精一が演出を加え、Softpadがサウンドを提供しています。Softpadがライヴパフォーマンスを行う、この日だけのスペシャルな空間を堪能してください。

日時 5/26(土) 16:00~16:30、18:00~18:30
場所 国立新美術館 企画展示室2E
観覧料 無料
参加アーティスト Softpad
※写真撮影可
ECHO | white 2011年

■建築ツアー2018:歩く・見る・知る美術館

「六本木アートナイト2018」特別プログラムとして、国立新美術館の建物内を巡りながら、建築の特徴や美術館の活動について紹介するツアーを開催します。黒川紀章・日本設計共同体が設計した美術館のダイナミックな空間を日本設計社員による解説とともに、お楽しみください。

日時 5/26(土) 16:00~17:30、19:30~21:00
場所 国立新美術館 館内各所
参加料 無料(事前申し込み制)
協力 株式会社 日本設計
※一部写真撮影不可

■TOKYO_ANIMA! 2018

日本の短編アニメーションの「ショーケース」。若手アニメーション作家の新作・近作など12作品(予定)を一挙上映します。この機会をお見逃しなく!

日時 5/26(土) 、5/27(日)
※開催時間は、TOKYO_ANIMA!のウェフ゛サイト(http://www.tokyo-anima.com/)で発表いたします。
場所 国立新美術館 3階 講堂
観覧料 無料(当日、入場整理券を配布する予定です)
※写真撮影不可

■公募展

第114回 太平洋展

作品ジャンル 洋画・版画・彫刻・染織
日時 5/16(水)~5/28(月)
10:00~18:00(最終入場は17:30)
※最終日は15:00閉会
※5/18(金)・25(金)は20:00まで開館
場所 国立新美術館 展示室1A-1D
観覧料 一般・大学生 700円、高校生以下無料 ※金曜日は17時以降無料
主催 一般社団法人太平洋美術会

第40回 日本新工芸展

作品ジャンル 工芸
日時 5/16(水)~5/27(日)
10:00~18:00(最終入場は17:30)
場所 国立新美術館 展示室3A、3B
観覧料 一般 700円、大学生・高校生・65歳以上 400円、中学生以下無料
※「六本木アートナイト2018」開催に伴い、5/26(土) は無料
主催 公益社団法人日本新工芸家連盟

70回 三軌展

作品ジャンル 絵画・彫刻・工芸・写真
日時 5/16(水)~5/28(月)
10:00~18:00(最終入場は17:30)
※最終日は15:00閉会
※5/18(金)・25(金)は20:00まで開館
※「六本木アートナイト2018」開催に伴い、5/26(土)は22:00まで開館
場所 国立新美術館 展示室2A-2D
観覧料 一般 700円、大学生以下無料 ※金曜日は17時以降無料
※「六本木アートナイト2018」開催に伴い、5/26(土)は三軌会チラシの提示で無料
※「六本木アートナイト2018」開催に伴い、5/26(土)は18:00以降無料
主催 三軌会

尺八 竹禅 観洞、三味線 加藤 梅清山、高橋 惇
「尺八、三味線が唄う日本の心 ーふるさとの思いを音色に託してー」

古典尺八と津軽三味線は、日本人の心そのものです。思いやりや辛いことや喜びが、ふるさとに対する敬意の気持ちとともに癒やしの旋律となって心に響きます。その音色は懐かしくもあり、温かくもあり、悲しくもあります。そんな日本人の思いを尺八と三味線で奏でます。奏者の竹禅観洞は40年以上にわたってその音色を極めてきました。アメリカでのライブも行いましたが、どの会場でも観客の心を大いに揺さぶり、「生かされている今このときが、いつも私の舞台です」と芸に励んで積み上げた和の心は大きな反響を呼んでいます。

日時 5/26(土) 18:30~20:00
場所 国立新美術館 展示室2A(70回 三軌展 展示室内)
観覧料 無料

六本木アートナイト2018メインプログラム

鬼頭 健吾「hanging colors」、「broken flowers」

カラフルな布の滝《hanging colors》は、黒川紀章による設計のガラスのファサードの形を浮き彫りにし、日中は外光が布を通して内部に色付きの夢を投影します。屋内に留まった夢は、夜には光として街に溢れ出して行きます。また、《broken flowers》は国立新美術館の正面玄関前に5,000個ほどの鏡を敷き詰め、花の映像を投影。美しい花は同時に空虚な夢や幻となります。

日時 5/26(土) 10:00~5/27(日) 18:00 ※展示は5/23(水)から
場所 国立新美術館
観覧料 無料
アーティスト 鬼頭 健吾
※写真撮影可
完成イメージ

六本木アートナイト2018街なかインスタレーション

アール・ブリュット&障がいがある人の作品展「共生のエレメントー Dreaming ART Night」

人間とは何?Artとは何?国籍も性別も、持って生まれたそれぞれの違いも、全て飛び越えられるのがArtの力でしょうか?他者と違うことを知って寄り添う優しさが、共生の出発点だと考えます。共に生き暮らすこの地球が、日本がずっと平和であるように、一夜の夢で終わらぬように、Artを通じて共生の豊かさを発信します。あなたはどう思いますか?Artとは何でしょう?共に生きるためには何が必要だと思いますか?

日時 5/26(土) 10:00~22:00、5/27(日) 10:00~18:00 ※展示は5/23(水)から
場所 国立新美術館 1階ロビー
観覧料 無料